赤字にならないための押さえておきたい送料のコツ!

個人でネットでモノを売る時、発送はつきもの!

メルカリ販売で少しでも利益を多く出すためには、送料をいかに安く抑えられるかがポイントになってきます。

せっかく希望価格で売れてもいざ梱包、配送してみると予想以上に送料が高くて赤字になったということも少なくないです。

始めた頃は私もよく失敗しました…泣

私みたいに失敗しないために、押さえておきたいポイントをお伝えしますね^ – ^

送料はコストとして考える

送料を考えずに、だいたいの感覚で売りたい値段をつけてしまうと、送料が高くて赤字…(T ^ T)

メルカリ経験者なら、きっと経験があるんじゃないかなと思います笑

赤字にならないために、販売価格を決めるときのポイントは

『送料がいくら掛かるかのか?』

コストとしてしっかり頭に入れて価格設定する。

当たり前の事だけど、これはすごく大事!

送料が500円かかると分かれば

「販売価格はぜったいに500円以上の値段にしよう!」

と言うふうに、事前に利益がいくら出るのかを計算することにも繋がります。

サイズと重さが決め手!

送料はサイズと重さで決まります。

コストである送料を抑えるためには

    • 梱包材の選びかた
  • 梱包の仕方

この2つがポイントになります。

そして梱包でよく使うのが緩衝材。

そう!プチプチです♪

プチプチは100圴でも売ってますが、プチプチを買うのは何かもったいない…笑

私がよくやるのは、頂き物のちょっとお高めなお菓子や、

通販で買った時についてくるプチプチは必ず取っておくようにしてます^ – ^

タダで手に入るのでコストは0円♡

プチプチはCDやアクセサリー、壊れやすいものに使います。

壊れるのが心配だからといってたくさん使ってしまうと、かさ高くなって厚みが出るだけでなく、重くなりますので、必要最低限に!

1g重くなっただけで、送料が50円以上変わることもあるので注意してくださいね。

そのときにあると便利なのが

    • 1g単位で測れるキッチンスケール
  • 厚みが測れるネコポス定規

この2つはメルカリ販売においては最強のセットです!

ネコポス定規はメルカリで出品されていたり、メルカリストアでも購入が可能です。

私が使っているのは、

厚さ1cm、2.5cm、3cmが測れるもの。

このネコポス定規は、定形外・らくらくメルカリ便・クリックポスト

それぞれの厚さが測れるのでとっても便利です♪

まとめ

送料を先に計算する事で赤字にならず、少しでも多くの利益を出すことができます。

出品するまえに、商品のサイズと重さを測ってから価格設定してくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です