っえ?!コストをかけずに欲しかった材料を買う?

ママー欲しい本があるんだけどさ

と8歳の長男。

欲しいと言った本はコナンの単行本1600円(税抜き)

結構いい値段するやん。

本ってその年齢にあったものを買ってあげたい気持ちはあるけど、

どうせ一回読んだらもう見ないんでしょ。

と思ってしまって新刊を買うのをためらってしまう私。

でも欲しいって言ってるから、まずはメルカリで検索。

同じの500円で売ってる!!

早速提案。

ねぇ500円で売ってるからおうちにあるいらないものとか

もう読まない絵本とかあったら売って、そのお金で買わない?

と提案してみたら。

そうだね!いいよ♪じゃあ要らないもの探してみるね!

5f分後

ママーーーーこれ売る!

どっさりこんなにあるんだ。

欲しいものを買うために自分のおうちにある不用なものを売ってそのお金で欲しいものを買う。

自分でお金を生み出すことができれば

お財布からお金出さずとも欲しいものが手に入る。

うちはまだ子供にお小遣いをあげていないから

欲しいものがある時は、お手伝いでためたお金で買うことしかできない。

でも自分でものを売ってお金に変えることがわかったから

欲しい本まであと200円だねと自分で計算してじゃあこれとこれを売ろうかなと

自分の選択することができるようにもなる。

これは私たち大人にも言えることで、何か欲しいものがあったとき

家計から切り崩して買うよりも、自宅の不用なものを売って、売ったお金を資金としてハンドメイド製作の材料費などの費用に充てると実質、材料費にかかる費用は0円になることになる。

ハンドメイドの活動でまだまだ材料費や欲しい機材かうほど自由な資金がない時は自分でその資金を生み出す力があればお金が足りないからこのパーツは我慢しよとかがなくなる。

欲しいものがあるとあといくら必要なのか。など自分の中での目標にもなるから

ただなんとなくで売るよりもはるかに短期間で目標金額に達成することができます。

そんな風にメルカリは販売マーケットとしても、資金を調達できるばしょとしても本当にオススメです。

ちなみに長男と一緒に出品した5冊の絵本は寝てる間に3冊売れました。

いつもは朝ダラダラとなかなか起きてこないのに

「本売れてたよー!」

って起こしたら飛び起きて朝からあといくらでコナンの本が買えるか計算してました。

一番眼が覚める方法かもしれない。

ぜひ、あなたもおうちに眠ってる不用品をメルカリで売って、売れたお金を材料費などハンドメイド製作のための資金として使ってみてください。

家計も助かるし利益アップにもつながりますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です